おはようございます。





私はブログのあちこちに

目数memoを載せています。



たとえば



IMG_20231129_113417~2

memo

R 2-4-1-1-4-2
C 6-6
×6



こんな感じの覚書程度のものです。

ベテランさんはこれだけで

作品を仕上げてくださいますが

初心者さんには何のこっちゃ?ですよね。



今回はmemoの見方をお話ししますね。



上のmemoを初心者さん向けに

もう少し丁寧に書くとこうなります。



memo

R 2-4-1-1-4-2 RW
C 6-6 RW

R 2-4+1-1-4-2 RW
C 6-6 RW
×4

R 2-4+1-1+4-2 RW
C 6-6 



R… リング
ー… ピコ
RW… リバースワーク
C チェイン(ブリッジ)
+… ピコつなぎ
数はダブルステッチの目数





memoの最初から説明します。



R 2-4-1-1-4-2 

IMG_20231129_100650~2

ダブルステッチで2目ピコ
4目ピコ 1目ピコ 1目ピコ
4目ピコ 2目のリングを作ります。



RW

リングを結って締めると
上の写真のようになりますが
続けてチェインを結うためには
上下を入れ替えなければなりません。

IMG_20231129_100650~2



IMG_20231129_100706~2

上下を持ち替えることを
リバースワークと言います。

※RWしないこともあるので注意!



C 6-6 

IMG_20231129_093625~2

チェイン 6目 ピコ 6目



RW



R 2-4+1-1-4-2 

IMG_20231129_093906~2

2つ目のリングは+のところで
ピコを使って隣とつなぎます。
ピコつなぎと言います。



IMG_20231129_094026~2

2つ目のリングが出来ました。



RW
 C 6-6 
×4

IMG_20231129_095309~2

同じように4つ目のリングまで作ります。



R 2-4+1-1+4-2 

IMG_20231129_095800~2

最後のリングは前のリングにピコつなぎした後

IMG_20231129_095945~2

最初のリングともつなぎます。



RW
C 6-6 

IMG_20231129_100155~2

最後のチェインまで結います。



IMG_20231129_100229~2

芯糸(シャトルの糸)を切って
最初のリングの根元に通し
糸の始末をしたら完成です。





私はよく「+」や「RW]を

省略してしまって

『タティングレースをたのしむ会』参加者さんを

迷子にしてしまいます。



分からないことや

変だな?と思うことがあれば

遠慮しないで聞いてくださいね。






Rinko